愛のホテルを見つけましょう!最新ラブホ事情を紹介

出前をとれるホテル

女性の肩を抱く男性

昼間の数時間の「休憩」ならいざ知らず、「宿泊」ともなると身ひとつ……いや身二つでチェックインするというわけにはいかない。
それが、一昔前までの「ラブホテル」でした。東久留米でも、宿泊する前には、たとえば宿泊に必要な物をもって、あるいはおなかが空いたときのためにご飯などを買って、行かなければいけなかったのです。
「宿泊に必要な物」としては、特に女性の場合はメイク用具一式とかメイク落としなどが挙げられます。
コンタクトレンズを使っているなら保存液などが欠かせません。
急に宿泊が決まったときには、コンビニやドラッグストアなどに寄って用を足さなければいけなかったのです。
しかし今、東久留米でも、身二つでラブホテルに入っても余裕で一泊できる、そのようなサービスが行われています。「宿泊に必要な物」はホテルで用意することができ、レンタルや販売で賄うことができます。また、特にうれしいのが食事のこと。
ホテルでコンビニのパンを食べたりするのはけっこうむなしいもの……そこで、食事のサービスを充実させるホテルが増えたのです。ホテル内で食事をつくって出すサービスが行われることもありますし、出前を取ることができるというホテルもあります。東久留米市内には、どんな街にでもある、出前サービスを行っているお寿司屋さんやピザ屋さんがあります。それらのお店を利用できるのです。フロントに連絡することでサービスは利用できるようになっています。